あひるのシアタールーム

映像系とときどきまじめな話

【Wacom】素人がデジ絵に手を出すとこうなる【憧れのペンタブレット】

 

こんにちは。あひるです。

 

 

 

ワコムの板タブ(ペンタブレット)を買ってから描いた絵を公開します!

 

 

 

ワコムのレビューはこちらから↓

 

 

 

paul-hr-san.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

当然、絵に関してはド素人でセンスのかけらもないのですが、成長日記的な感じで更新していこうと思います。あたたかく見守ってください(笑)

 

 

主の絵に関する履歴は皆無です。習い事だったり、お絵かきが趣味でこれまで生きてきたわけではありません。「絵をかいてみたい。」という思いはあったものの、極度のめんどくさがりな性格からペイントツール一式揃えたりするのが面倒に思ってました。いちいち消しゴムで修正するのも。

学生時代も「あひるくん絵のセンス無いねww」と女子に笑われながら生きてきて、おかげで苦手意識があります(笑)

 

 

 

 

そんな僕ですが、あこがれのデジ絵に手を出してみました。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231430j:plain

 

 

 

即席の「ahiru サイン」をそれっぽく書いてみました(笑)

 

 

水彩画ツールで描きました。なんとなく「景色を書きたい!」という思いが強かったので、青空と緑の大地を書きました。

意外に思うかもしれませんが、水彩画は素人でもそれっぽく描けます。よく家電屋で「サーフ〇スで水彩画を描こう!」とか言ってるのもこれが理由かもしれません。

 

雲なんかは光のあたる部分と影の部分で色を変えるだけでそれっぽく見えます。

 

 

 

奥に家っぽいものがありますが、むずかしいですねww

建物とか、道路とかっていわゆる「パース」とかいう考え方があって、それなりの描き方があるようです。絵の世界も奥が深いなぁとつくづく感じています。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231441j:plain

 

 

これは遠くから見た「森」を描こうと練習した絵です。←作品を載せろよ

 

 

いまの個人的な課題が「木」とか「林」とか「森」なんですよね。一枚一枚の葉の表現のむずかしさを実感しています。

今後も練習していきます!!

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231504j:plain

 

 

これが月夜に照らされた山岳が湖に写っているところを絵にしました。

まだ山岳の陰影のつけ方が不自然ですね。あと、湖の水っぽい表現の仕方がわからなかったので勉強していきたいなって思いました。

 

この作品のうまくできた点は霧です。水彩ペンを薄く白で塗ったあとにぼかしたり、指先ツールで微調整してたらなんかそれっぽくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は完成品(一部練習)でしたが、今後はラフ書きの段階から細かく進捗がわかるような形でブログにのせていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お絵かきたのすぃ!!!