あひるのシアタールーム

映像系とときどきまじめな話

あなたの悩みは課題の分離で解決できる?

f:id:paul-hr-san:20170928225524j:plain

 

 

こんにちは。

 

今回はちょっとマジめな話。

 

 

 

「自分が話しかけたら、あの人はどう思うだろう。。。きっと嫌がるかな。。」

「愛想笑いしてないと嫌われてしまう。。。」

 

 

 

こんな風に相手がどう思うか、どう感じるかを意識しすぎてしまってませんか?

 

 

 

 

最近読んだ本で印象的な考え方があったのでシェアしたいと思います。

  

それは「課題の分離」です。

 

 

 

 

課題の分離とは 

 

f:id:paul-hr-san:20170928225755j:plain

 

たとえば勉強は誰の課題かといえば子どもの課題です。勉強が子供の課題であるとすれば、いきなり「勉強しなさい」と親が言うことは、子供の課題に踏み込んだことになり、子供との衝突は避けることはできません。

(中略)

頼まれもしないのにこちらが勝手に判断して、相手は助けを必要としているであろうと考えて手出し口出しをしないということです。

アドラー心理学入門/岸見一郎

 

 

捕捉すると「その出来事で最終的に責任を取るのはだれか?」を考えればそれは誰の課題か分かります。

 

 

 

この考え方はとても重要だなって思いました。

 

本の内容は教育に関することですが、これって社会人にも役に立つ考え方だと思うんです。

 

 

 

上司の目を気にしなくなった私

 

f:id:paul-hr-san:20170928230409j:plain

 

 

この「課題の分離」という考え方を知ってから日常で変化が起きました。

 

 

 

それは上司や部下の目を気にしなくなったことです。

 

 

 

いつも私は上司に愛想を振りまいて、見られているわけでもないのにニコニコ作り笑いを意識したり、日々の業務の中で上司の視線にビクビクと怯えながら仕事をしていました。

 

上司がどう思っているのか、そんな意味のない詮索が正直とてもしんどかったです。

 

 

 

でも、この考え方を知ってから私はこう考えました。

 

仮に、自分が真顔で仕事をしたとして、そのことに対して上司が

「こいつ真剣に仕事してるな!」

と思うか、

「こいつぶっきらぼうだな」

と思うかは上司次第であって、私にはどうすることもできないことだなと思ったんです。

 

 

これも課題の分離だと思うんです。

 

自分にはどうすることもできないことに無駄な意識やエネルギーを消費するのはバカバカしいと考えるようになってしまいました。

 

 

 

 

それから真顔で(表情を意識しすぎることなく)、仕事をするようになって特に上司から怒られることはなかったです。

 

むしろ、今まで上司の顔色をうかがっていた分、自分の仕事に集中できるようになりました。

 

 

私は上司の顔色以外にも、質問することや話しかけることも少し億劫に感じていました。でも、この「課題の分離」おかげで、「話しかけて上司が嫌に思うか、積極性があるように思うかは上司の課題だ」と考えるようになり、いつの間にか疑問に思ったことは間髪おかずに質問できるようになっています。

 

 

 

 

 

あなたの悩みも考え方一つで、すぐに解決してしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼルダの伝説攻略! ローメイ島の孤島の試練を攻略〜迷宮クリアの仕方〜【ブレスオブザワイルド】

 

 

ゼルダ熱再燃!!!!!笑

 

 

 

 

こんにちは。改めてゼルダの伝説にハマっている、あひるです。

 

 

 

 

 

前回に引き続きゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの迷宮簡単攻略していきますよ!!!

 

 

南ローメイ城跡の迷宮攻略はこちらから

 

paul-hr-san.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170712231047j:plain

 

 

 

アッカレ古代研究所からパラセールで飛んでいきましょう!

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170712231154j:plain

 

 

そしたらまずは画像の位置まで進みます。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170712231231j:plain

 

 

地図上では行き止まりなんですけど、実際は写真のように隠し通路があります。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170712231355j:plain

 

 

隠し通路から進んで行けば階段状に上に登れるので、登って行けば・・・・ほこら!!!!

 

 

 

 

 

 

 

次回は北ローメイ城跡の迷宮を攻略していきます!!

ゼルダの伝説攻略! 南ローメイ城跡の迷宮はどこが正解?〜迷宮クリアの仕方〜【ブレスオブザワイルド】

 

 

 

こんにちは。あひるです。

 

 

今回はゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの迷宮攻略法をご紹介します!!!

 

今作のゼルダの伝説には迷宮という名の迷路があります。ローメイは迷路からきてるんですかね。

 

 

 

初見で挑むと何がクリア条件かわからない人も多いのではないでしょうか?

僕もわからなすぎてずっと攻略できてなかったんですけど、ようやくクリアできたので、攻略のポイントだけお伝えします!

 

 

今回は南ローメイ城跡を攻略します。

 

 

 

南ローメイ城跡を攻略!!

 

 

f:id:paul-hr-san:20170711231829j:plain

 

 

上から攻める!!!

ローメイ系の迷宮は上から行ったほうが攻略し易いと思います。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170711231858j:plain

 

 

南ローメイ城跡のマップのこの写真の位置にまずは行ってみましょう!!

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170711231847j:plain

 

 

この部分の通路はガノンの呪いがはびこっているので、壁をつたって祠のある方向に進んでいきます。

 

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170711232023j:plain

 

 

進んでいくと少し段差があってその下には・・・祠が!!!

 

 

 

 

 

 

クリアしてみるとあっけなさすぎて迷ってた自分がバカみたいでした(泣)

 

 

また別の記事でローメイ島、北ローメイ城跡の攻略記事あげていきます!!

【Wacom】素人がデジ絵に手を出すとこうなる【憧れのペンタブレット】

 

こんにちは。あひるです。

 

 

 

ワコムの板タブ(ペンタブレット)を買ってから描いた絵を公開します!

 

 

 

ワコムのレビューはこちらから↓

 

 

 

paul-hr-san.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

当然、絵に関してはド素人でセンスのかけらもないのですが、成長日記的な感じで更新していこうと思います。あたたかく見守ってください(笑)

 

 

主の絵に関する履歴は皆無です。習い事だったり、お絵かきが趣味でこれまで生きてきたわけではありません。「絵をかいてみたい。」という思いはあったものの、極度のめんどくさがりな性格からペイントツール一式揃えたりするのが面倒に思ってました。いちいち消しゴムで修正するのも。

学生時代も「あひるくん絵のセンス無いねww」と女子に笑われながら生きてきて、おかげで苦手意識があります(笑)

 

 

 

 

そんな僕ですが、あこがれのデジ絵に手を出してみました。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231430j:plain

 

 

 

即席の「ahiru サイン」をそれっぽく書いてみました(笑)

 

 

水彩画ツールで描きました。なんとなく「景色を書きたい!」という思いが強かったので、青空と緑の大地を書きました。

意外に思うかもしれませんが、水彩画は素人でもそれっぽく描けます。よく家電屋で「サーフ〇スで水彩画を描こう!」とか言ってるのもこれが理由かもしれません。

 

雲なんかは光のあたる部分と影の部分で色を変えるだけでそれっぽく見えます。

 

 

 

奥に家っぽいものがありますが、むずかしいですねww

建物とか、道路とかっていわゆる「パース」とかいう考え方があって、それなりの描き方があるようです。絵の世界も奥が深いなぁとつくづく感じています。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231441j:plain

 

 

これは遠くから見た「森」を描こうと練習した絵です。←作品を載せろよ

 

 

いまの個人的な課題が「木」とか「林」とか「森」なんですよね。一枚一枚の葉の表現のむずかしさを実感しています。

今後も練習していきます!!

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170706231504j:plain

 

 

これが月夜に照らされた山岳が湖に写っているところを絵にしました。

まだ山岳の陰影のつけ方が不自然ですね。あと、湖の水っぽい表現の仕方がわからなかったので勉強していきたいなって思いました。

 

この作品のうまくできた点は霧です。水彩ペンを薄く白で塗ったあとにぼかしたり、指先ツールで微調整してたらなんかそれっぽくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は完成品(一部練習)でしたが、今後はラフ書きの段階から細かく進捗がわかるような形でブログにのせていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お絵かきたのすぃ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワコムの Intuos Pro を開封&レビューするよ!【Wacom Intuos Pro Medium (PTH-660/K0)】

f:id:paul-hr-san:20170705151302j:plain

 

 

 

 

こんにちは。あひるです。

 

 

 

 

デジタルペイントにハマり、念願のワコムペンタブレット(板タブ)を購入しました。

購入する経緯などはこちらから↓

 

 

 

 

paul-hr-san.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

今回レビューするペンタブレットはこちら

 

 

ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Pro Medium PTH-660/K0

ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Pro Medium PTH-660/K0

 

 

 

僕は実店舗で¥40,000くらいで買いましたけど、アマゾンの方が安いと思います。(割引してると¥37,000くらい)

 

 

 

 

 

ワコム製のペンタブレットの中では比較的プロ向けの製品のようです。

スペックなどはワコム公式HPを参照していただければと!

 

Wacom Intuos Pro:クリエイティブペンタブレット | Wacom

 

 

 

 

 

 

 

開封したときの中身は?

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170705134213j:plain

 

 

 

ツヤツヤですなぁ〜

 

Intuos Pro本体が上にありますが、実際はアクセサリ類の上にかぶさっています。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170705134221j:plain

 

 

ペン(Wacom Pro Pen 2)の先端の色を変えられます。個人的にはデフォルトのシルバーが一番カッコイイと思いました。

 

写真右側のはよくわかりませんでした。(たぶん別売りアクセサリかなにかで、板タブの書き心地を変えられるんだと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170705141203j:plain

 

 

 

設置するとこんな感じ。結構使ってるので指紋汚れはご勘弁を。

 

 

ペン立ての中身は替芯が入っていました。

 

 

 

 

 

使ってみてどんな感じ?

 

ペンタブレット(Wacom Intuos Pro)の感想

 

板タブ自体の表面はほんの少しのザラザラ感があって、非常に書きやすいです!

ガラス表面に書いたときのようなツルツル滑ってしまう感じはいっさいありません。絵のディテールなども書きやすいです。

 

重量もそこまで重くなく、薄さ8mmで軽いくらいなので気になりません。(重さはデスクに置きっぱなので関係ないと思いますが。)

 

 

パソコンに接続すると板タブがタッチパッドになります。

 

 

サイズ感は自分の作業スペースや使用パソコンの画面サイズに合わせて買った方が良いので、自分にあったものを買ったほうがよいです。

 

 

 

ペンタブレットとパソコン画面との対応比率は1:1なので注意しましょう!より直感的に描くためには使用しているパソコン画面と近いサイズのものを選んだほうが良いと思います。

 

 

 

 

ペン(Wacom Pro Pen 2)の感想

 

脅威の筆圧感知レベル8192!!笑

普通筆圧感知レベルは2000あれば十分と言われているみたいですが、これは4倍です。笑

 

さすがの筆圧感知レベルなので、ペイントが楽です。理由としてはイラストソフトなどで各種ブラシを選択した際にいちいち濃さを調節しなくても筆圧で調節できちゃうからです。

細かいデザインを描くときも楽に感じました。

 

 

ペンの芯は硬めの質感で、鉛筆の芯の部分に質感が似ているなぁと思いました。芯は硬いんですけど、板タブの表面がほんの少しザラザラしているので書いてすべっちゃうことはないです。

 

 

 

ペンにショートカットボタンが2つついていて(板タブにはタッチホイールも合わせれば12個ついてます)、それぞれのボタンに好みの機能を割り当てられます。

これが便利!僕は一つを手のひらツール、もう一つを消しゴムに割り当てています。

 

 

 

 

もう一つすごいなって思ったのがバッテリーレス

 

ペン自体に電池交換・充電の作業が不要です。ペン立てで充電するのかなぁと買う前は思っていたんですが、そういうわけでもありません。余計な心配がなく、ストレスフリー!

 

完全にバッテリーレスです。←最初から公式がそう言ってるやん。

 

 

 

 

 

ここがダメ! Intuos Pro の悪いところ!

フリーズする

ときどき、タッチ機能を含め、板タブが機能しなくなり再起動を余儀なくされます。

僕の場合は1日平均2時間くらい使用していますが、その中で3日に1回くらいは再起動してる気がします。

 

 

機能停止する原因としては、パソコン画面を閉じたり、スリープ画面から復帰するときに停止してしまっていると思います。描いる途中にいきなり止まるようなことはありませんでした。

 

 

 

1〜2周間くらい使ってみて実感した悪いところはこれくらいかなぁって感じです。

 

 

 

 

 

 

 

総評 ワコム最高っす!!

 

まとめるとめっちゃ良いですこれ!

僕は趣味で水彩画とかイラストなり、気軽にお絵かきできたらいいなぁっていう感じで買ったんですけど十分すぎるくらいのクオリティでした。

 

 

プロ向けなんだから当たり前に思われると思いますが、「プロ向けだと使いこなせないのでは?」「難しいのでは?」の不安があると思うんですけど、板タブに関してはないように感じました。

 

むしろ、このスペックを使いこなせるくらいに実力アップしたい!!と趣味に没頭するきっかけになりました。

 

 

趣味でデジタルペイント始めたいっていう人で、金銭面にも余裕のある人にはおすすめです。

 

 

 

 

ワコムさん、感謝です。

 

 

 

 

 

 

いつか液タブも買いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワコムのペンタブレットを 買ったぜ!【デジタルペイントはじめました】

 どうもこんにちは。あひるです。

 

 

 最近プライベートで色々と変化があり、慌ただしかったのですがようやくゆっくり趣味に没頭できております。

 以前からyoutubeでアドビさんのフォトショップやアドビストックのCMを見ていて、「デザイナーかっけぇ!」と憧れのような気持ちでフォトショップとデジタルペイントを始めていました。

 

 

 デジタルペイントの世界に僕を引きづり込んでくれたきっかけとなった動画があったので、一応ご紹介しておきます。

 

 

 


グラフィッカー 宮崎真一朗 - Drawing with Wacom (DwW)

 

 

 

 宮崎さんのマットペイント動画になっているのですが、これを見たときは本当に衝撃でした。「クリエイティブとはまさにこのことだな!」と関心して、何度も見入ってしまいましたよ。

画面の向こうに新しい世界が広がっていくような感じが、なんともたまりませんでした!

 

 でも、動画ではさくさく作業を進めていますけど、これめちゃくちゃ大変だし、センスはんぱないんすよ。。。

 

 

 

 この動画をきっかけにフォトショップフォトショップの解説本を買って勉強したんですけど、ぶっちゃけ挫折しました。笑

やったことがある人ならわかると思いますけど、かなり複雑です。さすが世界の最前線で使われている加工ソフトですね。趣味程度ではじめるにはレベルが高すぎました。

 

 

今はフォトショップの代わりにフリーソフトのファイアアルパカを使っています。

気軽にお絵かき楽しみたい方はファイアアルパカで十分です。

 

 

 

 

 

液晶ペンタブレット(液タブ)に憧れてはいたんですが、趣味にしては高すぎるので通常のペンタブレット(板タブ)を買うことにしました。

 

 

そこで買ったのがこちら

 

f:id:paul-hr-san:20170704232154j:image

 

 

Wacom Intuos Pro Medium (PTH-660/K0)

 

 

デジタルペイント業界はペンタブといえば「ワコム」みたいなところがあるようですね。

動画の宮崎さんもワコムだったので僕もその中から選ぶことにしました。

 

約5万ちょっとしたんですけど、せっかくなら良いものが欲しいと思ったのでこれにしました。

 

 

使って1週間程たったので、明日レビューを書こうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼルダの伝説攻略! ユン坊の助け方はどうする?ゴロンシティ攻略!!【ブレスオブザワイルド】

ひさしぶりにゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの攻略記事です!

 

ヴァ・ルーダニアを倒す前にゴロンシティのブルドーからユン坊を探せ!と言われてマップの示す先まで来ましたが、なにやら赤い岩で入口がふさがれている・・・。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170704212602j:plain

 

 

洞窟のなかからユン坊の悲痛な叫び声が聞こえる。

 

 

いま助け出すぞ!!!!

 

 

 

 

ユン坊は大砲を使って助け出せ!!

 

 

 

僕もやったけど、絶対みんなも爆弾を使って壊そうとするよね?笑

 

でも壊れないし、岩砕きの武器で壊すのかなぁ?と思って武器集めに行ったりしたけど意味なかった。

 

 

かれこれゴロンシティ中を旅していてようやく謎が解けたよ!!!

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170704212637j:plain

 

 

 

ユン坊が閉じ込められている洞窟の近くに大砲があります。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170704212654j:plain

 

 

 

手順は簡単!

 

①大砲の中にまずは丸型の爆弾を転がして入れましょう!

 

②大砲の舵(かじ)のようなものを攻撃して大砲の向きを変える!

 

③タイミングを見て爆弾を起爆!!

 

 

 

 

大砲の向き変えられるんかぁああい!!!!って発見したとき思わず叫んじゃったよwww

 

大砲の中に爆弾を入れるのはすぐに気付けると思うけど、向き変えられるのはなかなか難しかった。

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170704212724j:plain

 

 

 

メタボ気味のユン坊とご対面。

 

 

 

 

f:id:paul-hr-san:20170704212732j:plain

 

 

 

 

 

達者でな、ユン坊。